Bitter Sweet

ときめきたいったらありゃしねえ

リブは長いほうがいい

 

 

 

 

 

 

起きてからもう20分が経った。

カーテンを開ける気力などなく、布団の中で精一杯足を組んでみたり手を頭の下に入れたりしてみる。

自分は起きてて、その気になればすぐに支度して仕事にでかけられるぞと主張する。

 

誰に

 

一人暮らしなのに

 

頭がおかしくなっている

 

 

なんとか日常に入り込まねばと、

取り敢えずリモコンの赤いボタンを押すも

主電源が切れている。

 

軽く舌打ちをして少しだけ布団を捲り、身体を起こしてみる

まるで初めて感じたような、この世のものとは思えない重力。憂鬱。不快感。毎朝感じている筈なのに。

這い蹲ってやっとの思いでテレビ本体の電源ボタンを押した。

 

 

こんなにも朝早くからばっちりお化粧をして長文の原稿を一言も噛まずに読んでいるアナウンサーを見て、心から尊敬する。彼女らに だるさ なんて概念は存在しないのだ。勿論うんこもしない。

 

綺麗な顔が綺麗な声で連続殺人事件の原稿を読む。日常と非日常がごっちゃになって眩暈がする。 

 

被害者と思われる若い男女の卒業アルバムが表示された。みんな笑顔だ。この時にはこんな事になるなんて一切思わなかっただろうな。

やるせなかったのか、本望だったのかわからない。ただ、最近の彼らは卒業アルバムの顔とはきっと違ったんだろう。

 

首より下だけが映り、奇妙に声が高い彼等の友人は次々と故人の過去を話す。みんないい人だったと。

誰も被害者を悪く言う人はいない。 加害者も 普段は大人しい印象 なんて言われがちだが。

 

あぁ、羨ましい。

わたしも出来れば死んでも周りから評価されるような人間がいい。

 

結果的にあいついいやつだったよね

いなくなってみたらなんか寂しいよね

え?死んだの?ショック。

 

 

もう何年もあっていない、小学校の同級生とか、初恋のあの子は少しばかりでも悼んでくれるだろうか。

 

 

いつ誰がどうなるかわからない

毎日死にたいと思って毎日生きてしまう人もいるし

急に明日、電車に飛び込む人もいる

 

 

 

 

糞みたいな日常の中でどうしようもない自分がテレビの前の彼らのようになれるだろうか

 

 

 

 

目を細めてネクタイをピンで止めた

今日は燃えるゴミの日だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪キルミー/SUNNY CAR WASH

 

折り鶴シャワーとサーモンピンク













革靴を脱いだ足が異様に臭かったり、
髭剃りが前より時間がかかるようになったり、
ネクタイ結びにこなれてきたり、
周りの人から 垢抜けたなぁ なんで言われたり

そんな事を言われるようになってきた昨今。なんだか変だなぁと思っていたらもう23歳になっていた。あと2ヶ月ほどで24歳。
私が高校生の時に、部活に顔を出してきた24歳の先輩は立派なおじさんに見えた。

そういう事か、知らないうちに大人になるんだなぁ。峯田さんも唄ってた。


新幹線みたいに、中身はゆっくりのつもりなんだけれど、外から見ると当たり前に速くて、それはきっとわかってるけどわからない。






兄が、結婚式を挙げました。

3つ違いの兄は今年で27歳。それはそうだ、結婚しても何もおかしくない。

いつも通り振る舞う兄と
大仰に動く周りの大人や明らかに着られている立派な召しものが
綺麗な矛盾を生んで、それはそれは心地よい空気だった。


じいちゃんの写真も連れて行って、大好きなコーラと一緒に置いておいた。 ずっと新郎新婦の方向けて。

今日僕は東京に帰るから
今、仏壇の写真に手を合わせてきた。
月並みだけれど、なんかいつもより笑ってた。
本当に。本当なんだ。







文頭で挙げた、
おっさん経験値 を一つずつ積み重ねる。
今日は 白いチーフのたたみ方がわかった だな。
今日の経験値は、まぁ、よし。
おっさんになったとしても。












































♪I Love/Ken Yokoyama



オフホワイトからくる甘え








13号車の1A
お決まりの最前席を指定し、明日から始まる億劫な一年に項垂れながらまだ雪の積もる外を覗く。

人より長い正月休みを経て
また喧騒のひどい街へ戻る。







まだ、着てる服が実家の柔軟剤の匂いがする。
まだ、手が実家のハンドソープの匂いがする。












黄土色にひしゃげたすすきを見て、あっちでも彼らは生えてるのだろうか なんて思う。 一瞬だけ。


年が明けた
今年は余裕が欲しいな

毎日同じ烏龍茶じゃなくて、たまには違うメーカーの烏龍茶をレジに持って行く
そんな、そんなちょっとした余裕を持てるような一年に。



























































♪peace/andymori

湯葉DAY










久しぶりである。
指摘される迄、日記を書こうとも思わなかった。



















目を開けたら其処は、もう既に見慣れた景色では無く、乾燥した空気と、枯れた匂いが蔓延している。
誰もいない部屋と、真新しい家具、黄色い照明。
何処だ此処は。何だ此れは。














東京で働いている。
ビルとビルの間のビルのエレベーターでしか上がれない様な部屋で。


こんな筈ではなかった。

あまり悲観的な意味を含んでいるわけではないが、こんな筈では無かったのだ。

1年前、まだスーツが固かった時、
皮靴が臭く無かった時、
私が東京で働く事になるなんて、甘皮ほども思っていなかった。思いたくもなかった。


働けば、歳をとれば、生きていれば、色んな事があるんだな。予想だにしない事が次から次へと降りかかってくる。
ザッピングの様な日々だ。 ピンボールの様に弾かれる。


気が付いたらキーボードを叩く音が隣の人に追いついて来ていた。





何と無くで生きている気しかしなくて、其れは果たしてキャパシティが足りていないからなのか、それとも気の緩みなのか、
もっとやらなきゃいけないし、出来る筈だが、やれない、出来ない。

何処かでぶち壊したいと思って、やりがいやモチベーションを模索する。

刺激、? そんなんじゃ無さそうだけれど。










明確なモチベーションはひとつだけある。
此れだけは入社する前から持っていて
永遠に持ち続けるものである。




もう、他人越しにやり甲斐を見出すことしか出来ない。

勿論綺麗事では無くて、本当にそう思っているし、そう言い聞かせなければ、其れが真ん中に無ければ、くにゃっと曲がって地面に着いてそのまま腐敗してしまいそうだからである。




ちょっと偉い人との面談とか、上司との悩み相談という名の飲み会では、
一度たりとも全てを理解してくれたことはないだろう。
決まって適当な相槌と、気色悪い笑い声が返ってくる。











社会人になって、半年。
ようやく大学時代の友人達と再会する機会が増えて来た。

自分の事より他人の話を聞ける人間と、久し振りに会って、あぁ、これだ、と。


特別な空気と照れ臭さに紛れて、気恥ずかしい野望を話す。

目の蓋を赤くして、半年前と変わらない、あの空気を纏って頷いてくれる。


うん、うん。





 



あいつと名刺を交換するなんて



知った顔に名刺渡す方法とマナーなんて習わなかったから、どうしたら良いのかわからなかった。





  



他人の為にと、ひたすらに愚直に生きる皆の為になれれば良い。 
意識される程の大きな事をするつもりは無い。
今はまだ、巡り巡って、回り回って、で良い。









やはり僕は、役に立ちたい彼等彼女等をフィルターにして濾した日々を過ごすしかない。





誰に何て言われても、自分の為、が自分の中で一番になるなんて絶対にあってはならないんだ。 自分の中では。













































































♪東京/きのこ帝国

石垣に張り付きたい













パソコンの操作に少しでも慣れるように、iPhoneのキーボードをローマ字入力にした。
携帯を触るたびにささやかなストレスが溜まっていく。 携帯依存症の僕もこれで少しはマシになるかもしれない。
精一杯の、小手先の努力だ。




一ヶ月間の本社研修が終わった。
今月からは各々が各部署に配属され、いよいよ本当の社会人生活が始まる。

今回の研修では足りないものばかりが見えた。

現代社会ではパソコンに詳しくないと上手く生きることが出来ないようだ。
生きにくい、生きにくい。
隣のあの子は手でメモを取るより、打ち込んだ方が早いっていうんだ。
そうか、そんな時代か、 なんて年齢不詳な思いを何度も何度も反芻する。

やらなければいけない事はただひたすらに多い訳であるが、何故かうまくピントが合わずに何も行動を起こす気になれない。
いつピントが合うんだろう。 見当もつかない。







社会人になったんだなぁ










































































♪青春時代/銀杏BOYZ

肌色の壁(つや無し)





合同説明会 というワードを、垂れ流しのテレビの中の人が口にした。ハッとする。 もう1年経ったのか。

1年前の3月1日。 例年より就職活動が後ろ倒しになったからと、周囲を取り巻く全ての人に急かされた結果、リクナビだのマイナビだの何の事だかさっぱり分からず、みんなが焦って登録しだしたから自分も登録した。スーツだけでは寒過ぎることに気付いて、合同説明会の前の日に急いでコートを買いに行った。ほぼ0からの就職活動のスタートだ。



皆黒いコートに黒いスーツ、
染めたばかりの黒い髪、
プライドは捨て切れずに化粧は濃いまま、
ひたすら群れて、ゴキブリみたいだなぁと思った。
ただ規則正しく列に並び、頻りに頷く数時間、意義を見出して参加する人はどれだけいるのだろう。


昨日の様に思い出せる。 友人と企業ブースを回った日々や、早起きして他県で行われる大きめの説明会へ参加した事。
そうか、もうそんな時期か。
確かに、あと二週間後には卒業式だ。 社会人だ。

やらなければならないし、やれば出来る























なんて下書きに保存していたら、卒業式などとうに終えてしまった。
こんなに自由な四年間は後にも先にもないだろう。 有意義なことも、そうでないことも、大学時代にしか出来ないことを沢山やれた。
それととにかく、人に恵まれた。  



明日から3日間、缶詰研修である。
もう一つ寝ると、社会人である。
漠然とした不安が押し寄せ、潰されそうだ。 窒息しそうだ。
出来ないことがきっと沢山あるだろう、かっこ悪いことの方が恐らく多い。

でも、やるしかない。 どうせやるならやれるだけの事をやろう。
少し前の自分も、やれば出来るって言ってた。





子供と大人の線引きってよくわからない。
成人になれば大人だろうか。 でも学生だったし、実家暮らしだった。 もし既に大人だったとしても、そうでなかったとしても、明日からはもう大人。 今日は子供としての最後の日だった。 何も特別なことはしなかったけれども。
















































♪Break/tricot

替えの靴下よりあたたかいものは無い










ブーツの中の指先が死んでいる。感覚は既に無い。
果たして次の駅で無事に降りることが出来るだろうか。 
準備して吊革に掴まる。 緊張する。 腹が痛い。 ぐっと堪えてやや内股になる。 眩暈がする。 眉間を押さえて皺を寄せる。 電車が揺れる。 不意を突かれ二、三歩ふらつく。 膝を痛める。 うずくまる。 何だあいつは、と聞こえる。 槍が飛ぶ。 耳鳴りがする。 頭が痛い。血管が千切れる。 ドアが開く。 走ってホームに出る。 息が切れる。 動悸が激しくなる。 心臓が痛む。 ゆっくり歩く。周囲はいつもより少しだけ明るく見える。 


今日は良い日だ。





































































リモートコントローラー/椎名林檎